ページ
先頭へ

deck

簡易浮き桟橋《ジュリアンポンツーン》

漁港港湾の安全・安心を実現します。

jrp-2a

JRP型「ポンツーン」5大特性

経済性
シンプルな構造と標準化で大幅なコスト削減を実現。
耐久性
軽くて堅牢な構造材で基幹を構成、寿命は半永久的。
施工性
船舶仕様で桟橋考案し製品化、設置工事は簡単容易。
適合性
利用目的・岸壁・海象条件に対し自由設計が可能。
その他
納期は最短で30日、仮設桟橋に仕様変更可能。
標準型式 サイズ
JRP-2A型(連結可) 2.0m(W) x 6.0m(L) x 0.8m(H)
JRP-3A型(連結可) 3.0m(W) x 6.0m(L) x 0.8m(H)
JRP-4A型(連結可) 4.0m(W) x 6.0m(L) x 0.8m(H)

FRP製フロート【型式 JF-1000】

  • 1.0m x 2.0m x 0.5m
  • (浮力 950kg)
  • 内部/発泡スチロール98%

着船桟橋

tyakusen-01

簡易浮き桟橋の設計規準(共通)
【用途】
小型船舶係留用浮き桟橋
【形式】
JRP-2A・3A・4A
【耐用年数】
主要構造部分は25年
【適用図書】
漁港の技術指針(水産庁監修)
(プレジャーボード、浮き桟橋設計マニュアル)
【海象条件】
風力 U=50m/s以内
波力 H=1.8m(max)以内
干満潮位 連絡橋取付け形状による
【設計条件】
JRP-3A型
上載荷重 等分布荷重 0.2ton/m2
接岸エネルギー 艇長=9m以内:30ton/隻(許容)
乾舷高の設定 小型船舶 WL+0.5m
別途オプション
  • 桟橋の固定方法はシーフレックスアンカーシステム工法(1台/2個)
  • 連絡橋の岸壁側はチェーン固定、桟橋側はスライドフリー方式です。

係留桟橋

長崎県大村市森園ボートパーク
JRP-2型(12連結) 2.0m×72.0m
p3l
連絡橋
p3a
デッキ材「エコマウッド」25t×200w
p3e
連結部分
p3d

多目的桟橋

松江市本荘(中海)4.0m×6.0m(2段型)
p4dai
側面全体
p4d
乗船部
p4a
架台部
p4b
桟橋係留装置
p4c

海上施設 施工例

仮設型桟橋(行橋市)
p4b1
連絡橋(熊本県宇城市)
p4b2
中海 水質調査用会場デッキ
p4b3
北九州市(洞海湾)
p4b4

昇降式 簡易罫線岸

長崎県佐世保市宇久町(海の駅)
JRP-2型(5連)30m
p5dai
ガイドH型鋼
p5c
ガイドローラー
p5b
側面全体
P5a

浮き桟橋デッキ材

衝撃に強い
防衝力があり、衝撃を吸収します。
軽い
内部発泡で比重は0.7で水に浮く。
木肌の温もり
表面に柔軟性があり、人に優しい。
腐らない
100%合成樹脂で海水/薬品に強い。
加工が簡単
ビス打ち/穿孔など木材並の加工が可。
サイズが豊富
角/丸/板材等、多品種で定尺4.0m

《デッキ材の特徴》

含水率、吸水率がほぼゼロのエコマウッドの特徴から、屋外における耐久性に優れています。また、デッキの上に雨水等が滞水するのを防ぐために、雨水が両端に流れる特殊な形状としております。

エコマ専用ビス

エコマウッドに適した専用ビスをご用意しております。サイズはM5.5x60、ステンレス製です。頭部はブロンズ色で景観に配慮したビスとなっております。

デッキ材規格
  • W 95×t30
  • W120×t30
  • W145×t30

水上歩道/水上施設バリエーション(※下記の写真は模型です。)

A
modela
B
modelb
C
modelc
D
modeld
E
modele
F
modelf
G
modelg
H
modelh

お問い合わせ先

株式会社ジュリアン企画

開発事業部 担当/久保T

TEL : 095-881-2525 / FAX : 095-881-0011
お問い合わせ